3泊5日のフィンランド・ヘルシンキ旅行記2 ~ かもめ食堂のロケ地巡り編

スポンサーリンク

こんにちは、リオです。
こちらの記事では映画「かもめ食堂」にまつわるフィンランドの旅レポートです。

はじめに

2017年7月にフィンランド・ヘルシンキへと3泊5日の旅行をしました。

その時に、映画「かもめ食堂」の舞台となった場所を訪れたので、ブログでまとめてみたいと思います。

フィンランド旅行記は別の記事でも紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。

関連記事:3泊5日のフィンランド・ヘルシンキ旅行記1~Jätkäsaariエリアとヘルシンキの街並み編

かもめ食堂とは

2006年に公開された映画「かもめ食堂」

この映画の舞台となったのがここ、ヘルシンキです。

小林聡美さん演じる ”サチエ” がヘルシンキで営む日本食堂にて、個性豊かな人々と関わっていくほのぼのストーリー。

美しいフィンランドの景色をバックに繰り広げられる様々な人間関係の様子や美味しそうな食事風景も見どころです。

かもめ食堂 from YouTube

原作は 群ようこ 作の”かもめ食堂”であり、小説では映画で語られなかった人物の背景やエピソードも描かれています。

かもめ食堂 -Ravintola Kamome-

この映画の中心となる食堂は、実際にフィンランドに存在します。

その名も”かもめ食堂”。映画のタイトルそのままですね!

2015年に日本人オーナーの小川秀樹さんによって店が引き継がれました。

カフェメニューのほか、フィンランドの伝統料理や日本食が提供されており、まさに食の異文化交流が行われているレストランといえます。

もちろん、かもめ食堂に足を運びましたよ。

外観の写真は撮ってなかったみたいです(汗

映画の時の内装とは異なっていましたが、こじんまりとしつつ、スペースが有効活用されていて、窮屈感はありませんでした。

水色の壁や木の素材を生かした机、鏡に照明といった店内のあらゆるものから北欧デザインを感じることができます。

お店に入って注文をしようとすると、なんと店員さんが日本人の女性でした!

日本人スタッフも複数人いるようです。日本語で注文できるのできるのは良いポイントですね。

映画でも出てきたシナモンロールとコーヒーを頼みました。

カッティングボードにかもめが!

美味しそう!

というか美味しかったです。

あまり日本では見ない形のシナモンロールではないでしょうか?

アイシングが乗っているものではなく、砂糖が振りかけられていて、生地は少し固め。
断面はこんな感じです。

甘すぎなくてずっしりとしたパン生地でした。コーヒーによく合います。

そして、コーヒーはこちら。

コーヒーサーバーもお洒落だな~。

ウォーターボトルやペーパーナプキンからも”かもめ”押しなのが分かります。

僕の他にも日本人観光客と思われる方がちらほらやってきたので、やはり日本人に人気のようです。

お店情報
かもめ食堂 Ravintola Kamome
Pursimiehenkatu 12, 00150 Helsinki, フィンランド
info@kamome.fi
+358 (0)9 657 422
http://www.kamome.fi

エピソードトーク

そういえば、店員さんが日本人だったという事実に少し嬉しくなった僕は、店員さんに向かって。

リオ
ここで働かれているんですね~。
店員さん
えぇ、まぁ、ご覧の通り・・・
リオ
ほぉー・・・(苦笑い

~会話終了~

いや、「ここで働いているんですね」ってなんだよ?!

見ればわかるよ!って後から自分でツッコんでしまった。

カフェ・アアルト – Cafe Aalto –

ヘルシンキで有名な書店”アカデミア書店”の2階にあるカフェ。この場所で初めて”サチエ”と”ミドリ”が出会います。

”ミドリ”がガッチャマンの歌詞を突然聞いてくるシーンが思い浮かびますね。

”アルヴァ・アールト””というフィンランドの建築家がデザインしたアカデミア書店は、本以外にもそのシンプルかつ美しいデザインが注目されており、建築好きなら一度は訪れてみたい場所です。

肝心の書店やカフェの写真がありませんでした。。。すみません。

でも、そこで食べたブルーベリータルトとアイリッシュコーヒーはちゃっかり写真を撮っていました。

濃厚な味!美味しい。

カフェ自体はそこまで大きくなくて、映画とはまた違った印象でしたが、書店にあるのでリラックスできる雰囲気がありました。

また、日本語のメニューもあるので安心です。

お店情報
カフェ・アアルト Cafe Aalto
Pohjoisesplanadi 39, 00100 Helsinki, フィンランド
info@cafeaalto.fi
+358 50 492 4942
https://www.cafeaalto.fi/home-fin

カフェ・ウルスラ – Café Ursula –

こちらもかもめ食堂で登場するカフェ。

”サチエ”が仲間たちとくつろぎながらビールを飲むシーンが印象的です。

このカフェ・ウルスラの特徴はなんといってもロケーション。

海沿いにあり、テラス席からはバルト海を眺めながら食事を楽しむことができます。

行くのであれば、テラス席が用意される夏がお勧めです。

店内で先に会計を済ませてからテラス席に移動し、食事をします。

頼んだものはシュリンプオープンサンドとビール。

7月といえど、まだまだ寒さを感じるフィンランド。

ですが、この景色を見ながらのビールは最高でした。

Kaivopuistoという公園内にあるので、周辺を散歩するのもいいですね。

かもめや鳥がたくさんいますので、食べ歩きには注意が必要かもしれません。

なんていう鳥だろう?たくさんいますね。
フィンランドのかもめは少し怖い。

カフェメニューから満足の行くランチメニューまで、幅広いミール・ドリンクメニューが提供されています。

お店情報
カフェ・ウルスラ Café Ursula
Ehrenströmintie 3, 00140 Helsinki, フィンランド
kaivopuisto@ursula.fi
+358(0)9 652 817
http://www.ursula.fi/

おわりに

「かもめ食堂」のロケ地となった場所を写真とともに紹介してきました。

他にも映画で登場する市場、ハカニエミマーケットなどロケ地はまだまだありますが、ここで紹介してきた場所でも存分に映画の雰囲気を味わうことができます。

映画のロケ地巡りのように、目的を持った旅はとてもいいものですよね。

また「かもめ食堂」を見たくなってきました。

それではまた。

スポンサーリンク