タイドラマで英語を学ぶ?お勧めタイドラマで学べる英語を紹介!

スポンサーリンク

StockSnapによるPixabayからの画像

こんにちは、リオです。
こちらの記事は英語中級者のための速読術・イディオム学習法:英語字幕から学べることとは!?で紹介した内容の特別編です。

はじめに

上記記事の内容を端的に言うと、「海外ドラマを英語字幕で見ることで、英語の速読やイディオムの学習が効率よくできます」ということです。

見るものは、韓国ドラマでもスペイン語のドラマでもなんでもOKです。非英語圏のもの・自分が理解できない言語のものを選びましょう(※音声を英語以外にする理由も該当記事内で紹介しています。)

動画配信サービスやYouTubeのおかげで、今では手軽に非英語圏のドラマも見ることができる時代です。

そんな僕は最近タイドラマにハマっています。

お勧めのドラマと併せて、実際どのような表現が使われているのか・英語学習ポイントなどをいくつかピックアップしてご紹介します。

関連記事:

英語中級者のための速読術・イディオム学習法:英語字幕から学べることとは!?

英語学習のためのお勧めタイドラマ

僕はよくYouTubeでタイドラマを見ています。

タイのテレビ制作会社兼タレントエージェントである”GMMTV“が、同社の作品をYouTubeで公式無料公開しています。

しかも多くの作品が英語字幕付きという太っ腹具合。

また、字幕開放でアップロードされている動画には各国から有志が集い字幕を付けているため、なかには日本語字幕が選べる作品もあります。(YouTubeのから字幕を選べます)

※近年日本でも、タイのYシリーズといわれるBL関連作品が徐々に注目されてきており、国内でのタイドラマが盛り上がりを見せています。それを受け、タイドラマ作品の日本配給権取得が続々とされており、その影響でYouTubeにアップされている一部作品はジオブロックされているのでご注意ください。

FRIEND ZONE

いろんな作品を見てきましたが、2020年にイッキ見した作品の一つが”FRIEND ZONE”というドラマです。

2021年現在、[FRIEND ZONE]とシーズン2の[FRIEND ZONE Dangerous Area]がGMMTV公式YouTubeチャンネルで配信されています。

タイトルの”FRIEND ZONE”とは、文字通り”友達の領域”ということですが、友達以上恋人未満というようなニュアンスでも使われます。

そんなタイトル通り、ドラマの内容は複数の異性・同性カップルが友情と恋愛に奮闘するロマンスドラマ。

恋愛と友情の狭間に揺れる若者の葛藤や、リアルなやり取り満載な大人向けの内容となっています。

YouTube : FRIEND ZONE EP.1 from GMMTV

英語学習ポイント

このドラマでは特に、恋愛関連で使える英会話フレーズを学ぶのに最適です。

「出会い」「別れ」「仲直り」のシーンが盛りだくさんなので、日常でも使えるフレーズがたくさん出てきます。

シチュエーションごと繰り返し使われる言い回しに注目し、映像とリンクさせることで、どのようなシーンで使われているのかを把握します。

そうすることで、微妙なニュアンスの理解につながり、各フレーズの使いどころも分かってきます。

ドラマで使われているイディオム・スラングの例

例えば、冒頭シーン。
主人公Boyoが彼氏に別れを切り出された後、友人のBoomがBoyoの態度を不審に思い、こう言います。

Boom
Don’t tell you and….(4:35辺り)

この「Don’t tell me~」は、「まさか~じゃないよね?」という表現です。

実際Boomが言ったDon’t tell me you and・・・ の後は(your boyfriend broke up) (him are no longer together)など、様々な文章が続くと予想されますが、言いたいことは「まさか別れたわけじゃないよね?」ということ。

通常、この使い方であればDon’t tell meの後には主語述語が来ますが、今回の場合はyou and…と言い切らない形で「もしかしてあなたと彼氏って・・・」とニュアンスで伝えています。

前後の会話や雰囲気を含めて成立する言い回しですが、こういった表現は日常会話ならではですよね。

例文
1. Don’t tell me. I know what you’re gonna say.
→ 言わないで。言いたいことは分かってる。

2. Don’t tell me you forgot to bring it.
→ まさか持ってくるの忘れたなんてないよね?

1の例のように、文字通り「言わないで」という意味もあります。

もう一か所、第一話からのシーンを見てみましょう。

Boom
I think we need to kick him out. (9:07辺り)

こちらもBoomのセリフ「kick someone out」で「誰かをある場所から追い出す」という意味です。

文字通り、Kick(キック)してOut(アウト)させるということから、「追い出す」「叩き出す」というようなニュアンスがあります。

決してきれいな表現ではないため、フォーマルな場面では適さないですが、日常的によく使われる表現です。

例文
1. She kicked him out of their house.
→ 彼女は彼を家から追い出した。

2. I got kicked out of my job
→ 解雇された(会社から追い出された)

受け身形にすると、「追い出される」という意味になり、例文のように仕事や会社から追い出されるという言い回しで「解雇される」という表現になります。

THE GIFTED

次のおすすめドラマは、いくつかのアワードで受賞・ノミネートされた人気作品「THE GIFTED Series」

「THE GIFTED Series」は2018年に放送された後、その続編「The Gifted Graduation 」が2020年に放送されました。

成績によりクラス分けされているリッターウィッタヤーコム校では、クラスのレベルにより待遇も異なるという実力主義の厳しい規則を持つ。

その中でも最も優遇される特別なクラスがある。それが「ギフテッドクラス」

ごくわずかな生徒しか入ることができないこのクラスに、最下位レベルの落ちこぼれ主人公「パン」がなぜか合格する。

謎のベールに包まれた「ギフテッドクラス」で生徒たちは徐々に超能力に目覚めていく。

あらすじ

SFチックな学園ものストーリーです。

権力社会へのアンチテーゼにもなっており、二転三転するストーリー展開にきっと引き込まれるはずです。

YouTube : THE GIFTED EP.1 from GMMTV

英語学習ポイント

シーンによっては少し難しい話題がでてくるものの、学園ものらしい日常会話が盛りだくさんです。

「不満」「葛藤」「衝突」「落胆」など、多くの人が経験しているであろう場面が多くあり、そこでの表現は幅広いシーンで応用することができます。

ドラマで使われているイディオム・スラングの例

冒頭ナレーションのシーンから。

Pang
And how long do we have to put up with it. (0:41辺り)

「put up with」とは「~を我慢する/~に耐える」という意味があります。

これには、不平不満を言わずに、嫌なことや試練に耐えるというニュアンスが含まれています。

セリフでは、理不尽な学校の制度や先生への不満にたいして「いつまで僕たちは我慢すればいいのだろう。」と言っており、嫌なことでも許容しながら耐えているといったニュアンスがあります。

例文
1. Thank you for putting up with me.
→ 付き合ってくれてありがとう / (私に)我慢してくれてありがとう。

2. I can’t put up with him anymore.
→ もう彼には我慢ならない。

否定形にすれば、「我慢できない」という意味になるし、自分のわがままや愚痴、面倒などに我慢するということから「こんな私に付き合ってくれて」ありがとうというニュアンスで感謝を表現することもできます。

次はパンの親友であるナックのセリフ。
学校の実力主義に対して不満を募らせるパンにナックがこう言い放ちます。

Nac
To sum it up, if you want something nice, you need to focus on your study. (7:16辺り)

「Sum it up」とは、「要するに/一言で言うと」という表現で、いろいろ言った後で結論を言うときに使います。

セリフでは、「(いろいろ言ったけど)要は、何か良いものが欲しいなら勉強に集中しな」と言っています。

例文
1. To sum it up, watching dramas with English subtitles is a good way to study.
→ 要は、英語字幕でドラマを見るのは良い勉強になるということです。

2. That sum it up.
→ 要はそういうこと。 / そんなところです。

That sum it upはそれが1文なので、前の言葉を受けて使います。

相手が言ったことに対して、「まぁそんなところだね。」ということもできますし、自分のプレゼンなどの終わりに、「要はこういうことです。」と締めに使うこともできます。

「要するに」というとき、他にも in short / to conclude / the point is などのような表現があります。

YouTube以外のドラマ視聴サイト

冒頭で伝えたように、YouTubeチャンネルからの視聴が制限され、日本国内から見ることのできない作品も多々あります。

日本配給権取得に伴った視聴制限はますます増加すると思われますが、その分日本の定額動画配信サイトでぞくぞくとタイドラマが配信されてきているので、安心してください!

海外ドラマ・韓流・アジアドラマが好きならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTで見れる韓流・アジアドラマ一覧

U-NEXTで見れる海外ドラマ一覧

▼U─NEXT月額利用料金
2,189円(税込)

おわりに

英語中級者のための速読術・イディオム学習法:英語字幕から学べることとは!? の補足的な感じで書いてきた記事ですが、いかがだったでしょうか?

もしこの記事でタイドラマに興味を持ったり、英語字幕での勉強をやってみようと思っていただけたら嬉しく思います。

YouTubeのいいところは、英語字幕機能だけではありません。

見終わったら、コメント欄にも注目してみてください。

自分が思っていたことを書き込んでいる人や、シーンについて議論していることも多いので、そこでも英語の表現を学ぶことができます。

自分に合った英語の勉強法ってなかなか見つけるのが難しいですが、まずはエンターテイメントから入れば抵抗なく英語に触れることができるのではないでしょうか?

スポンサーリンク