カナダワーキングホリデー:帰国間近にすることと帰国後にすること

スポンサーリンク

こんにちは、リオです。
こちらの記事では、カナダワーキングホリデー帰国前と後に確認しておきたいことをご紹介します。

リオ
終わり良ければ全て良し。ということで最後の最後であたふたしないためにも、帰国の準備をしっかりしたいですね。

帰国前の確認事項

帰国日を決める

帰国の日を前もって決めておきましょう。
カナダの場合、ワーキングホリデープログラムの有効期限は1年間です。

入国時に発行されるワークパミットにも期限が記載されているので、確認をした上で、期限内に帰国できるように航空券を手配する必要があります。

僕の場合は、何かあった時を考えて、期限の3日前に帰国しました。

また、航空券は最初からfix/openチケットという帰国日の日付を1度だけ無料で変更できる往復券を買っていました。

荷物の整理

持ってきれないほど増えてしまった洋服の処理方法についてはカナダワーキングホリデー帰国間近:余った服はどうすればいい?で紹介しています。

ただ、どうしても持って帰りたいものなどもあるかと思います。

そのような場合には国際便で日本に送ることも考えてはいかがでしょうか。

カナダの郵便局であるCANADA POSTESの国際便サービスでは船便航空便の利用ができます。また、Find a rateのページで値段の見積もりができます。

船便は届くまで数ヶ月ほどかかるかと思いますが、割れ物などを送るのであれば利用を考えても良いかと思います。

部屋の解約

オーナーにより対応の仕方は異なりますが、1~2ヶ月間前には退去する時期を伝えておくのが良いと思います。

人によっては、最初にデポジットを払っている場合もあると思いますので、デポジットの返金額や方法も合わせて、早めの相談をするのをおすすめします。

僕の場合、デポジットや契約期間は無く、入居時に帰国日を伝えていたので、特に家に関して問題はありませんでした。

携帯電話の解約

僕はKoodoという携帯通信会社のSIMカードを使っていました。

カナダでは携帯電話の解約は電話で行う必要があります。実際に店舗に行っても、店舗では解約手続きができないと言われました。また、手続きは解約する30日前にするようにしましょう。

携帯通信会社にもよるかと思いますが、Koodoの場合は、Koodo MobileのContactから解約手続きに進みました。

※実際に電話番号までたどり着くのに、チャットボットとやりとりをする必要があるかもしれません。

銀行口座の解約

人によってはカナダの口座を維持するかもしれません。(帰国後もお金の入金など予定があるなど)

ただ、カナダでは口座の維持費がかかってしまうため、特別な理由がない場合は銀行口座の解約をしてから帰国するのがおすすめです。

解約をする際、残高は現金で受け取ることができますが、高額であれば前もって海外送金などをしておきましょう。

万が一解約するのを忘れてしまっても、銀行によってはWebや電話でも解約ができるようです。ご利用の銀行での解約方法を前もって確認されることをおすすめします。

タックスリターンの準備

帰国の時期にもよりますが、タックスリターンに必要なものなど把握しておくと良いと思います。

僕が行ったタックスリターンの手順をカナダワーキングホリデーでのタックスリターン(確定申告)についてで紹介しています。

また、帰国後にタックスリターンに必要なT4をもらう必要があるのであれば、雇用主から電子ファイルでもらえるようにメールアドレスやwhatsApp(メッセンジャーアプリ)などいつでも連絡が取れるようにしておくことが大切です。

友達に会っておく

これは上記の手続きなどとは異なるカテゴリーですが、これまで知り合った友人たちとできるだけ会っておくのをおすすめします。

帰国後に、「やっぱり会っておけばよかった」なんて後悔しないためにも、みんなにお別れを言いましょう。

帰国後の確認事項

帰国届の提出

海外に3ヶ月以上滞在する場合、外務省に在留届を出す必要があるので、ワーキングホリデーをしている場合には、すでにこの在留届を提出していることと思います。

帰国をしたら、今度は帰国届を出す必要があります。

多くの人はインターネット上で手続きしているのではないでしょうか。

インターネットによる提出や手続きはオンライン在留届で行うことができます。

帰国後の転入届

ワーキングホリデーに行く際に、国外への転出届を出した人も多いのではないでしょうか。

僕も区役所で海外転出届を出してから、カナダに飛び立ちました。

転入の手続きは、帰国後14日以内に行う必要があります。

また、帰国して転入届を出すときはパスポートや戸籍全部事項証明書・戸籍の附票等が必要になります。詳しくはお住まいの区役所等でご確認ください。

まとめ

カナダワーキングホリデーの帰国前と後に確認しておきたい手続き等について紹介してきました。

後々面倒にならないためにも、しっかりと準備して、最後までワーキングホリデーを楽しむことができるようにしたいですね。

スポンサーリンク